便秘に効くweb

食物繊維を意識した食生活で、便秘解消!

便秘解消目的で、食物繊維の多い野菜を食べるようにしています。個人的な話となりますが現在朝や昼はバタバタとしてて忙しく、なかなかきちんとした食事がとれない事もあり、主に夕食で実行中です。
便秘1
例えば、野菜スープ。キャベツ、人参、玉ねぎ、セロリなど冷蔵庫にある野菜を、ベーコン&コンソメスープの素を入れてコトコト煮ます。簡単だし、手軽に野菜を多く採れて良いです。
飽きてきたらトマト缶を入れてミネストローネ風に変化させても。豆缶もプラスして、食物繊維もUP。カレーパウダーでカレー味にしたり、色々とアレンジ出来ます。野菜スープは、美味しく野菜を沢山摂取出来るのでオススメです。

 

他にも、ゴボウや蓮根、さつま芋、蒟蒻などの食物繊維の多い食材をよく使っています。きんぴらにしてみたり、サラダを作ってみたり、胃腸に優しい食生活を意識しています。

 

夜にこういった食事をしているので、このおかげなのか、次の日お通じもありスッキリ。
この食生活をはじめる前までは酷い便秘に悩んでいましたが、今は改善され肌の調子も、そして体の調子もとても良いです。毎日の積み重ねが自分自身の体をつくっているのだなぁと実感しています。

朝食前を見直すだけの簡単便秘解消法

便秘は女性特有のものと思われがちですが、実は最近男性にも増えつつある健康障害です。
日々ストレスを抱え過ごしていると胃腸の働きが鈍り便秘に陥ってしまうのです。
それを解消できる簡単な方法があります。
丸一日便秘のことを考え過ごすのは辛い・・・
という方は、朝食前の過ごし方を少し改善してみて下さい。

 

■腹式呼吸を行う

腸の働きが良くなり規則正しい便通を促します。
お腹のへこみを意識しながら10回程度でOKです。
腹筋を使って息をゆっくりと吐ききることが大切です。
便秘2

■朝食を食べる前にコップ1杯の水or白湯

水分不足から便秘を引き起こす方がほとんどです。
特に朝は体内が乾燥状態。
たっぷり水分補給してやることで胃腸が活発に活動を始めます。
体の冷えが気になる・・・という方は、白湯でも構いません。

 

この2点を習慣づけることで、朝の排便リズムが整います。
忙しい朝はどうしてもトイレを我慢しがち。
少し早目に起きて余裕をもった行動を心がけてみて下さい。
心の焦りが便秘につながるケースも多々あります。
便秘は運動が第一と言われていますが、少し生活習慣を変えてみるだけでも十分改善できます。

便秘を解消する為のチェックと食事

一時期少し便秘になりかかったのですが、それからはお通じの色や形などを確認し、栄養分として少なそうな物を次の日のメニューに加えるようにしています。よく健康のバロメーターとしてこのお通じの色や形などを確認する事が大切である、とネットでは書かれていますが、それほど確認する人は少ないかもしれません。

 

まず、お通じの色がやや褐色や黒に近い場合は、ココアやカカオなどを摂取しすぎたり、あるいは食物繊維の中でも野菜類だけが多かった場合です。このような場合は、できるだけココアやカカオの摂取を控えて、たんぱく質の量を増やしていきます。

 

また、とても固くて詰まっているような状態の場合は、脂質が少ない場合に多いのです。こんな時は、脂質の多い肉類や、乳製品などを増やすと改善する事が多いのです。このように、便秘の理由は、前日に摂取した食物が影響している場合がとても多いのです。

 

ですので、便秘が酷い場合は常に食事の記録を残し、どこを改善すれば良いのかをチェックする事が大事なのだと思います。私はこの方法で、ある程度は便秘も解消できていると思います。

更新履歴